カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. カラダノートひろば >
  3. 妊娠・出産 >
  4. お金・各種制度 >
  5. 助成金・給付金 >
  6. 出産一時金について

助成金・給付金

出産一時金について

投稿者:えりりぃさん  

10,952 views 

はじめまして。
私は妊娠六ヶ月、未婚シングルで国民年金保険に加入してます。
非課税世帯で助産制度を受けるつもりです。
この場合、一時金から出るお金で直接制度で出産費用の支払いは出来るのでしょうか?
直接支払い制度が利用出来るなら病院から申し込み用紙がもらえるみたいですが、無理なら区役所でもらうのでしょうか?
それは出産後でいいのでしょうか?

質問が多くなってしまってすみません。


ブックマーク
質問日時:2013-08-25 00:59コメント数:4
コメントは締め切られました

このトピックに関連づけられたタグ

コメント

回答者:えりりぃ さん 
回答日時:2013-08-25 15:17

>> まなたん。さん
またまた早いご回答ありがとうございます!
直接支払いが出来ない場合でも出産前に手続きが必要なんですね!
助産制度を対応してる病院は確認して先日移ったので、助産制度の手続き後に直接支払いが出来るかどうか確かめてみます。
助かりました。
本当にありがとうございます(*^^*)!

回答者:まなたん。 さん 
回答日時:2013-08-25 12:57


助産制度の金額は各市町村によって変わってくるみたいです。
平均して7万円くらいだそうです。

出産育児一時金の事前申請(受取代理制度)は、被保険者(世帯主)が医療機関等を受取代理人として出産育児一時金を事前に申請し、42万を限度として医療機関等が出産育児一時金を受取り、窓口で出産費用を支払う負担を軽減する制度です。

直接支払制度を使わない、又は使えない医療機関で出産する場合は、こちらを利用しましょう。

※トータルで限度額42万円が支払われるので、出産費用が42万未満だった場合は、残りの差額ももらえます。

■対象者
国民健康保険被保険者で、出産育児一時金の支給を受けることが見込まれ、出産予定日まで2ヶ月以内の人

■申請期間
出産までの間

■申請者
原則的に世帯主

※代理人が申請する場合は委任状が必要です(住民票上同一世帯の代理人の場合は不要)。

■申請先
加入している市区町村役場

※原則的に郵送での受付は不可。ただし、事情によっては受け付けてもらえる場合もあるので、事前に加入先の市区町村役場へ問い合わせしましょう

必要書類
まず市区町村役場で、出産育児一時金支給申請書(事前申請用)の用紙をもらい、受取代理の欄に医療機関等から同意の証明を受けて下さい。

■出産育児一時金請求書(事前申請用)

■国民健康保険被保険者証

■母子健康手帳等の出産予定日を証するもの

■印鑑(シャチハタは不可)

■世帯主の銀行預金通帳

■出産時の領収書・領収明細書(国外の場合は不要)

■入院助産を受けている方は助産施設入所承諾書

ただこちらの方法をとってる病院は数少ないそうで、やはり主流は直接支払い制度だそうです。

あと、助産制度を利用するとなれば、各市町村が定めた病院でしか分娩出来ないので、そういった市町村と提携している病院は直接支払い制度は整っていると思います!

回答者:えりりぃ さん 
回答日時:2013-08-25 12:05

>> まなたん。さん
丁寧なご回答ありがとうございます。
直接支払い制度が利用出来るのであればしたいので、病院で聞いてみます!
もし無理なら前もって指定された費用を支払い、出産後に区役所で一時金の手続きということになるのでしょうか?
また助産制度を利用すれば大体どのくらいの援助を受けれるのでしょうか?

また質問になってしまい申し訳ございません。

回答者:まなたん。 さん 
回答日時:2013-08-25 02:30

助産制度と出産一時金は併用可能です。

病院によって対応は様々ですが、殆どの病院が分娩費用を前もって収めるか出産一時金の直接支払い制度を利用するかの2拓なっています。

助産制度は、保健上の必要があるにもかかわらず、経済的理由により入院助産を受けることができない妊産婦を対象に、指定された助産施設での入院出産に要する費用を助成する制度。
出産一時金は、妊娠4ヵ月(85日)以上の方が出産したときは、一児につき42万円(産科医療補償制度の対象外となる出産の場合は39万円)出産育児一時金が支給される制度ですので。

一応参考までに。
出産前に被保険者等と医療機関等が出産育児一時金の支給申請及び受取りに係る契約を結び、医療機関等が被保険者等に代わって協会けんぽに出産育児一時金の申請を行い、直接、出産育児一時金の支給を受けることができる制度です。出産育児一時金の支給が協会けんぽから直接医療機関等へ支払われることから、医療機関等の窓口で高額な出産にかかった費用を支払う必要がありません。出産にかかった費用が出産育児一時金の額より少ない場合は、その差額が被保険者等に支給されるため「健康保険出産育児一時金内払金支払依頼書・差額申請書」の提出を医療機関等の窓口にお願いいたします。
※直接支払制度を利用できるかどうかは出産予定の医療機関等にご確認ください。
となっています。(全国国民保健協会から抜粋)


また直接支払い制度を利用する場合は出産した後ではなく出産する前に手続きをする必要があります。

まずは病院に直接支払い制度を利用したいのですがと言ってみてください。
きちんと説明してくれますよ。

ちなみにですが、わたしは病院側から直接支払い制度を利用しますか?と聞かれ、紙を渡されました。
紙を渡されたのは24w頃でした。
その前に直接支払い制度の説明はされましたが…。

とりあえず次の検診のときに病院に聞くのが一番だと思いますよ!

検索結果4件

カテゴリから探す

助成金・給付金の関連ひろばカテゴリ

助成金・給付金の関連記事カテゴリ

助成金・給付金に関するトピック

通報フォーム

 の通報

通報を控えて頂きたいケース
・個人指標の通報(なりすまし、釣りだと思うからなど)
・【雑談】はどんな話題もOKです。連絡先情報のない友達募集も移動の対象となりません。

現在の文字数0文字(2000文字まで)

助成金・給付金のひろばランキング

助成金・給付金の人気記事ランキング

このトピックに関連づけられたタグ

ひろばカテゴリ

上へもどる