カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノート >
  2. カラダノートひろば >
  3. 関節痛・腰痛 >
  4. 温湿布と冷湿布の使い分けはどうすればいい?

関節痛・腰痛

温湿布と冷湿布の使い分けはどうすればいい?

投稿者:ゆのっちさん  

としを取ってきて肩や腰が痛むことがあるので、湿布をよく使うようになりました。湿布には、温湿布と冷湿布がありますよね。そのどちらを使っていいのかいつも悩みます。人によって言っていることが違うようなのですが・・・効果などに違いがあるのですか?

ブックマーク
質問日時:2014-01-22 08:41コメント数:2
コメントは締め切られました

このトピックに関連づけられたタグ

コメント

回答者:さち♪ さん 30代
回答日時:2014-10-20 16:20

急性的な痛みは冷湿布、慢性的な痛みは温湿布を使うと良いですよ!!

回答者:azul さん 
回答日時:2014-01-23 09:29

基本的に、痛みが強いときは冷湿布、回復し始めたら温湿布で良いと思います。冷湿布は患部を冷やすもので、おもに消炎鎮痛薬が使われています。これは、痛みが強い炎症期に使うと効果的です。一方、温湿布の主成分はからだを温める唐辛子エキスで、回復期に使えば血行がよくなり治りが早くなります。温湿布は刺激が強いので、皮膚がかぶれる可能性があります。使うとき、皮膚と湿布を密着させないようにガーゼを一枚置いてその上から張るとよいです。

検索結果2件

カテゴリから探す

関節痛・腰痛に関するトピック

通報フォーム

 の通報

通報を控えて頂きたいケース
・個人指標の通報(なりすまし、釣りだと思うからなど)
・【雑談】はどんな話題もOKです。連絡先情報のない友達募集も移動の対象となりません。

現在の文字数0文字(2000文字まで)

関節痛・腰痛のひろばランキング

関節痛・腰痛の人気記事ランキング

このトピックに関連づけられたタグ

ひろばカテゴリ

上へもどる